熟年夫婦の国内旅行記
*
ホーム > 文化 > 資格が無い

資格が無い

自己破産手続きをする人でローンに関してその保証人が存在する場合は事前にきちんと話をしておいた方が良いです。

 

ふたたび、改めて言いますが債務に保証人を立てているときは自己破産手続きをする前にきちんと考えておかなければなりません。

 

なぜなら、自分が破産手続きを出して受理されれば、その保証人がみなさんの負債をすべて果たす必要が生じるからです。

 

ということから、破産宣告をする前に保証人である人にこれまでの今の状態を報告しお詫びの一つもなければならないでしょう。

 

それは保証人になるひとの立場からすると求められることです。

 

負債者のあなたが破産手続きを取るために、いきなり膨大な返済義務がふりかかってくるのです。

 

それで、以後の保証人となる人の選ぶ方法は次の4つです。

 

1点目ですが、その保証人が「すべてを支払う」という手段です。

 

あなたの保証人がいきなり多くの借金を簡単に完済できるほどのようなカネをたくわえていれば可能になります。

 

でもむしろ自分で自己破産せず保証人に立て替えを依頼して自身は保証人となる人に返済するという解決策もあるかと思われます。

 

もし保証人が借金をした人と良い関係にあるのであれば、返済期間を猶予してもらうこともありえます。

 

いっぽうひとまとめにして返済が不可能でも金融業者も相談で分割に応じる場合も多いです。

 

保証人に破産手続き行われてしまうと、カネが一円も戻ってこないリスクを負うことになるからです。

 

もし保証人がそれらの返済額を全額支払う財産がない場合は、借金しているあなたと同じように借金の整理を選ばなければなりません。

 

続く選択肢は「任意整理」を行う方法です。

 

この方法を取る場合債権者と話し合いを持つ方法で、5年以内くらいの期間内で返済していく方法になっています。

 

依頼するときのかかる費用は債権者1社につき4万円ほど。

 

合計7社から借り入れがあったならおよそ28万円必要です。

 

当然貸方との示談は自ら行うことも可能ですが、法的な経験も知識もない素人の場合相手側が自分たちにとって有利な和解案を提示してくるので気を付ける必要があります。

 

また、任意整理を行うという場合も保証人である人に負債を立て替えさせるわけですから、あなたもたとえちょっとずつでもその人に返済していく義務があります。

 

3つめですがその保証人もあなたと同様に「自己破産を申し立てる」ということです。

 

保証人である人も借金した人と同じく破産宣告すれば、その保証人の債務も返さなくて良いことになります。

 

ただ、その保証人が有価証券等を所有している場合は該当する私財を取り上げられてしまいますし、資格制限がある職についているならば影響がでます。

 

その場合は、次の個人再生を活用できます。

 

一番最後に4つめの方法は「個人再生という制度を利用する」ことです。

 

土地建物等を残して債務の整理を希望する場合や、破産申し立てでは資格制限がある職にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生制度による整理です。

 

これなら、自分の家は残りますし、破産手続きのような職種制限、資格制限等が一切ありません。

 


関連記事

資格が無い
自己破産手続きをする人でローンに関してその保証人が存在する場合は事前にきちんと話...
テスト
テスト記事です。...